3日目:部屋の神聖化

アバターマスターの佐藤浩二です。(詳しいプロフィールはこちら

30日チャレンジ3日目。

今日は部屋の神聖化について。

そもそも、この探求をはじめるきっかけになったのがコレです。

「部屋に戻るとやる気が出ない…」

1年ほど前から初めて今日にいたるまでのプロセスをご説明します。

<今日の部屋の写真です>

なぜ部屋に戻るとやる気が出ないのか?

家に帰るまではやる気だったのに、部屋に戻るとやる気が…

そんな経験をしたことないですか?

僕はしょっちゅうあって、カフェなどでPCもって仕事した方が良いんじゃないかと考えていました。

しかし、それはちょっと違うなと。

なぜなら、”やる気がない”という責任を自分自身でとる代わりに、部屋の責任にしているからです。

自分以外に原因を置くと、コントロールできない状況をもたらします。

言い訳ばかりする人は現実を変えるパワーを失います。

 

アバターの道2:個人レッスン

なぜだろうと原因を考えていると、あの言葉がでてきました。

レッスン66

並はずれたものと平凡なもの

人をスピリチュアルに目覚めさせる引き金となるのは、いつも何か並はずれたものです。平凡なものにその力はありません。実際、あるものが平凡になればなるほど、それが人に与える影響は減ります。

ー中略ー

神聖化とは何かを神聖なものにする、それに並はずれた力を吹き込む、あるいは敬いと尊敬の気持ちで扱うということです。神聖化とは聖なる驚異と再びつながることです。

ー中略ー

並はずれた人々は、自分の仕事、自分の人間関係、そして自分自身の人生を神聖化します。神聖化は困難な任務を完了する力をこころに与えます。

アバターの道2:個人レッスン P90,91//ハリーパルマー著(アバター教材の開発者)

もしかして、自分の部屋が平凡なものになりさがっているのではないだろうか…。

神社やお寺に行って清々しい気持ちになるのもは、そこに敬いや敬意があるからではないだろうか?

そして、お寺や神社は必ずと言っていいほど、掃除が行き届いていている。

掃除をすることで神聖化されて、ますますパワーを得ているのではないか…。

そんな風に思ったので、実際に自分の部屋で探求してみることにしました!


 

 

神聖化への着手

お部屋の神聖化のための4アクション
  1. 朝起きて空気の入れ替えをする
  2. カーテンをきちんと留める
  3. 掃除機をかける
  4. 机の上の埃をモップでとる ←途中から追加
これを神聖化するという意図を込めて、朝起きてやることにしたんですが…

 

部屋の感じが全然ちがう!!

 

物理的に綺麗になったというのもあるんですが、あのお寺や神社の感じに近づいていました。

始めた当初は毎日やっていたんですが、今は週4~5回くらいでやってます。

 

その後の変化

当初の目標を達成していました。

「部屋に戻るとやる気が出ない…」

その言葉をもう言わないようになってました。

自分の人生経験を<部屋>から<自分自身>に取り戻していました。

 

面白いことに部屋を神聖化すると、こんな変化もありました。

PC用の新しいディスプレイ、スピーカー、キーボードや姿鏡など、自分が欲しいと思っていたものがどんどん部屋に増えてきました。

お気に入りのものにどんどん囲まれることで、さらに部屋が神聖化されて部屋にいるのが気持ち良いです♪

 

そして、僕が部屋を掃除しだすと、徐々に家族も掃除をするようになっていました!

僕から「掃除をしろ」とか「部屋が汚い」とか言ったわけではないんです。

意識って不思議ですね。

 

まとめ

誤解してほしくないのが、「これを機に部屋の掃除をしましょう!」ということではありません。

僕は部屋の掃除を広めたいわけじゃなくて、”神聖化することのパワーと意識を探求する面白さ”を伝えたいだけです。

部屋だけじゃなくて、自分の使っているPCや洋服、靴、眼鏡、車、人間関係、人生を神聖化すると、どんなことが起こると思いますか?

自分自身の人生で探求してみてください♪

 

ちなみに2日目の身体をケアするも、自分の身体を神聖化する効果があると思ってます。

4日目:大切なのは肩書きではなくて仕事に取り組む意図。

2017.05.11

2日目:身体をケアする

2017.05.09

 

 

意図的に生きることについての数々の洞察
アバター・タイムズ

・本当の幸せや喜びを経験したいですか?
・人生を管理する能力を高めたいですか?
・自分の人生の目的を発見したいですか?
・教化された考えを明らかにしたいですか?
・創造の源として機能したいですか?

あなたの心の内部の仕組みや、自己とみなす精神的ホログラムにもっと精通しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

工学系大学院を卒業後、自動車サプライヤーメーカーのエンジニアへ。院生時代に出会った自己啓発やスピリチュアルを色々模索!しかし全然うまくいかず、廃人サラリーマンに…。最後にAvatarに出会って、真の意味で自分の人生を生きることを悟りました。このブログでは、日常生活でアバターを使ったり教えたりしてリアルに感じた”意図的に生きること”の楽しさや可能性をお伝えします。