その夢の先にある可能性

今朝、ちょっと面白いことがありました。

夢で友人が大学の講義室のようなところで、アバターのプレゼンをしていたんです。

不思議な夢だったなぁ・・と思っていたら、この話には続きがありました。


 

その友人にLINEをしてみる

なぜか無性に連絡したくなったので、友人にLINEしてみました。

すると驚きの返信が!!


※友人にスクショ載せることは了承済

 

夢って面白いですよね!

正夢、夢占い、白昼夢だったり。

身体という制限を離れた夢の世界では、物理的現実と集合意識の境界が微妙なのかもしれません。

 

夢にまつわる興味深い話

夢で思い出したんですが、2012年に起こった夢にまつわる面白い話があります。

2012年9月、京都のアバターコースを受講しにきた山形の方がいました。

彼女と僕はFacebookで繋がったんですが、そのきっかけが夢でした。

 

「さとうこうじ」

 

この文字が彼女の夢に出てきたそうなんです。

 

さとう(sato) と こうじ(koji) は、ポピュラーな苗字と名前です。

Facebookで探そうと思ったら、それこそ沢山の人が出てきます。

その中でもなぜかこの人だ!と思ってMessageをくださったんです。

そこにはここ数ヶ月の間、彼女の身に起こった不思議な出来事が書かれていました。

 

正直、驚いたんですが、不思議ではなかったです。

なぜならアバター教材の本の中にこう書かれていたからです。

内容は1987年の夏、アメリカ西海岸のコースで続々と受講生が訪れ、12週間延長された時のくだり。

昔からの友人同士で「探していたのはこれだよ!今すぐおいで!」と電話をかけあった。一人の受講生は、ルームメイトにかかってきた電話でアバターのことを聞いてやってきた。別の受講生はチャネリングでアバターをやるようにいわれてやってきた。3人目の受講生は夢に出てきたと言ってやってきた。

リビングデリバレイトリー P96 / ハリー・パルマー著(アバター教材の開発者)

 

最初は半信半疑だったんですが、まさか自分にこんなことが起こるとは…。

そこから彼女と色々お話をして、アバターコースを受講することになりました。

その後、彼女は自分の夢を叶えて、今でもLINEでちょくちょくやり取りをしています。

 

リアリティとスピリチュアリティ

元々、工学系大学院を卒業しているので、統計や確率や生産性は大好物です。

ただ、意識の仕組みを学んだり、意識を探求したり、学んだことを実践すると…

意識って本当に面白いなと感じます!!

意識を探求する事は統計学をも超える面白さがある



 

ただ、どちらかに傾倒するというよりは、目に見えることを疎かにせず、目に見えないことも蔑ろにせず、それぞれの仕組みを学ぶ。

ちなみに僕の楽しみ方は…

両方をバランス良く探求して技能を高めて、人生というゲームを思いっきり経験することです。

補足:”経験する”とはエゴから見て、良いこと・悪いこともすべて含まれます

 

といいつつも、目の前の出来事に一喜一憂して、自分がゲームをしていることを忘れることがよくあります(笑)

ゲームの中に入りすぎてそれが自分だと思い込み、悪戦苦闘を続ける日々を送ってみたり。

それも一つのゲームの楽しみ方なので、何が良いとか悪いではないなと思います。

その人がどうしたいのか?

そこが重要だなと。

 

ゲームを楽しむ

僕はいつの間にかゲームにはまり込みすぎて、悪戦苦闘の人生から抜け出せなくなってしまっていました。

そんな時、アバターは自分がゲームをしていたことを思い出させてくれることに。

そして、ゲームの中を出たり入ったりする技術を経験的に学びました。

そこから悪戦苦闘の人生か、意図的に生きる人生へと一歩を踏み出して今日に至ります(^^)

意図的に生きることについての数々の洞察
アバター・タイムズ

・本当の幸せや喜びを経験したいですか?
・人生を管理する能力を高めたいですか?
・自分の人生の目的を発見したいですか?
・教化された考えを明らかにしたいですか?
・創造の源として機能したいですか?

あなたの心の内部の仕組みや、自己とみなす精神的ホログラムにもっと精通しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

工学系大学院を卒業後、自動車サプライヤーメーカーのエンジニアへ。院生時代に出会った自己啓発やスピリチュアルを色々模索!しかし全然うまくいかず、廃人サラリーマンに…。最後にAvatarに出会って、真の意味で自分の人生を生きることを悟りました。このブログでは、日常生活でアバターを使ったり教えたりしてリアルに感じた”意図的に生きること”の楽しさや可能性をお伝えします。