旦那さんと素敵なアバター®ライフ♡

アバターに出会って、抵抗すること8年あまり。

2015年4月にアバターマスターになり、
8月のコースで旦那さんをアバターにした、
辻本加奈ちゃんの体験談をご紹介します。

2人共医療従事者、ご主人は医師、奥さんは看護師さんで、
コース前と後では顔がぜんぜん違ってます☆

 

かなちゃん

 

改めてじぶんがアバターをやろうと思った時のことを感じてみました。
わたしはそれまで、これがベストだ!!と感じるやり方で、スピリチュアルな道を歩みながら、物理的な現実世界との違いに、葛藤と落胆、絶望を感じていました。

最近の現実は、まあまあ、幸せ。でしたが、まったく幸せじゃない部分もたくさんありました。

幸いなことに、それがじぶんの内側で起こっている、ということにはなんとなく気付いていましたが、100%、そうだ、とは素直に認めることができずにいました。
その結果、わたしはアバターを始めるまでに、8年かかりました。笑

今のマスターと、知りあってから7年。

幸せと、不幸せの感じ、をなんとなく繰り返しながら、”人生は、そういうもんだ。”と、わたしは到底思えませんでした。

人からは、欲張りだ。とか、謙虚になれ。とか言われていました。苦笑
わたしの空虚さが埋められなかった理由は、今思えば、慈しみと他者奉仕の欠如で、行き詰まっていたのだということが、はっきりと、分かります。

わたしは、じぶんの”個人的責任”の追求と、問題解決ばかりを追い求めて、ガチガチでした

さっき気付いたのですが、その根底にあったのは、”わたしは知っている”という、自己欺瞞の落とし穴でした。

わたしは、とっても傲慢でした。

なにもかも、分かっているつもりになっていました。

 

教え込まれたものなんて、もう、ひとつもなくて、すでに、じぶんの中には全てがある。と、思い込んでいました。

それが、間違いのない真理だと信じていました。
想像できるものしか創造できない。
と、思い込むことで、小さな世界を生きていました。

 

じぶんがほんとうに、知っている。わかっていることは、じぶんの経験だけだ。

ということに、さっき、はっと気づいたんですけど、それは、とても深遠な気付きでした。

わたしには、分からない。
わたしは、知らない。

わたしにとっては、そこから、興味が生まれ、経験したい!という、純粋な探究心が生まれます。

これは、なんだか”ほんとう”っていう感じがして、わくわくします!
しなければならないことは、なにもない。

 

その制限をこえるために、わたしにとっては、自己信頼と、他者信頼が必要でした。
しなければならない。

が、なくても、

大丈夫。だという、無防備さ。
信頼。

そこを信じて通り抜けていくと、キラキラ輝く、未知の可能性が待っている。

完全に、大丈夫。
ほんとうの、絶対的な安心感。

 

それを感じながら、生きていける幸せ。
アバターをやって良かったなぁ\(^o^)/

人生むっちゃ楽しくなってきたーーーー(=´∀`)人(´∀`=)

 

ちなみに、僕はネットワークビジネスの勧誘かと思って、1年ほどシカトしてました(´∀`;)

「私は知っている」って傲慢な態度:無知は、ほんと人の成長や進化を阻害するなと痛感…。

あと、世界中の成功談もかなり興味深いですよ!
こんな人達がアバターを受講して成功裏に終了しています。

・30年以上、仏教の修行をした人
・腎臓の3/4を摘出して微笑んでいる人
・30年間、1週間に6日から7日、一日10時間以上働いていた人
・長年の間、奇跡のコースやクリシュナムルティの書物、他にも様々な原則を学んできた人
・18年以上のスカイ・クンダリーニ・ヨガ行者


世界中の成功談を垣間見る
 

アバター®は、スターズエッジ社の登録商標です。全ての権利は同社が保有しています。このサイト上の掲示は私個人の意見であって、Star’s Edge社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。

意図的に生きることについての数々の洞察
アバター・タイムズ

・本当の幸せや喜びを経験したいですか?
・人生を管理する能力を高めたいですか?
・自分の人生の目的を発見したいですか?
・教化された考えを明らかにしたいですか?
・創造の源として機能したいですか?

あなたの心の内部の仕組みや、自己とみなす精神的ホログラムにもっと精通しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

工学系大学院を卒業後、自動車サプライヤーメーカーのエンジニアへ。院生時代に出会った自己啓発やスピリチュアルを色々模索!しかし全然うまくいかず、廃人サラリーマンに…。最後にAvatarに出会って、真の意味で自分の人生を生きることを悟りました。このブログでは、日常生活でアバターを使ったり教えたりしてリアルに感じた”意図的に生きること”の楽しさや可能性をお伝えします。