産経ビジネスにインタービュー掲載!【本気の仕事講座】

アバター®マスター仲間で皮革工芸作家の藤咲和也くん
産経ビジネスの【本気の仕事講座】でインタービューされました!!

かずや かずやなんじょう

今回の主人公は、皮革工芸作家の藤咲和也氏。彫金作家、油彩画家と計3人で新たなコラボレーションブランド「F line(エフ・ライン)」を立ち上げた。同ブランドは伊勢丹本店で1週間(8月5~11日)の期間限定で販売され、フロアのリニューアル以来、最高の売り上げを記録した。メンバーの一人で彫金作家の秋濱克大氏は、本コラム(2月3日掲載)で、羽をメーンモチーフにした一点物のジュエリー美術工芸品の製作者として紹介している。ー写真元・転載元:SankeiBiz 【本気の仕事講座】(64)好きを極めた純度高い皮革作品より

彼の志・ビジョン・葛藤など、続きはこちら

 

彼は元々、工業系の学校を卒業したわけでもなく、裁縫が得意だったわけでもない。

”自分の好き”に正直になって、追求して・・・
何の根拠も証拠もないところから現実を創りだしたんです♪

 

まるでワンピースのルフィーのように。

「海賊王に俺はなる!!」

もしかすると彼の中でも

「レザー職人に俺はなる!!」

というのが、あったのかもしれません。

 

アバターコースを指導できるライセンスを取得したからといって、
必ずしもマスターをしなければいけないということはありません。

サラリーマンを続ける人、看護師をする人、主婦をする人、セラピストをする人。
それぞれの人生の中でアバターを使っています。

 

僕自身はというと・・・
昔から家庭教師・塾講師が好きで、探求・研究するのが大好きで、
内向的だったので自分の気持を文章に書くのが好きで、
ちょっぴり、ちょっぴりだけオタクでした(笑)

 

そんな資質もあって、このアバターマスターという仕事はとてもマッチしています。

もちろん、サラリーマンではないので、管理する上司はいません(笑)
エネルギー管理・時間管理・健康管理・財務管理など、自己管理が必要です。
そこは日々アバターツールを使いながら技能と高めていっています。

 

”自分の好き”に正直になることは、リスクを必要とすることかもしれません。
失敗することもあるだろうし、登場すると人から誤解されることもあるかもしれません。
たくさん落胆する機会にも遭遇するし、もう辞めたくなることもあるかもしれません。

僕自身もそれを経験してきました。

でも、僕はこのアバターマスターという仕事を、本当にやって良かったと心から思います。

 

ただ、僕には僕の道があり、これを読んでいるあなたには、あなたの道があるはずです。

同じである必要は、これっぽっちもありません!!

でも・・・

 

自分の好きなことを追求して、誰かの役に立てたら素敵だと思いませんか??

 

アバターコースでは、そんな自分自身の道を発見して、創造することができます。

そう、彼のように…。

 

アバター®って何?と感じた方は、こちらへ

意図的に生きることについての数々の洞察
アバター・タイムズ

・本当の幸せや喜びを経験したいですか?
・人生を管理する能力を高めたいですか?
・自分の人生の目的を発見したいですか?
・教化された考えを明らかにしたいですか?
・創造の源として機能したいですか?

あなたの心の内部の仕組みや、自己とみなす精神的ホログラムにもっと精通しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

工学系大学院を卒業後、自動車サプライヤーメーカーのエンジニアへ。院生時代に出会った自己啓発やスピリチュアルを色々模索!しかし全然うまくいかず、廃人サラリーマンに…。最後にAvatarに出会って、真の意味で自分の人生を生きることを悟りました。このブログでは、日常生活でアバターを使ったり教えたりしてリアルに感じた”意図的に生きること”の楽しさや可能性をお伝えします。