34年間、結婚願望のない男が結婚を決めた理由①

2009年にアバターコースを受講して、サラリーマンを辞めて9年間。

自分の好きな仕事をしながら、気楽な独り身生活を楽しんできました。

家族とも仲が良くて一緒に買い物へ行ったり、弟とはゲームの話で盛り上がったり。

愛犬のルルちゃんもいて、趣味の家庭菜園もあり、彼女がいなくても楽しく暮らしていました。

 

しかし、2018年7月。

とあるAさんと恋愛があまりにも衝撃的すぎました。

良くも悪くも今までにないパターン。

 

  • 初デートは自分の買い物を理由に遅れてきて謝罪は理由の説明なし
  • ご飯は奢ってもらって当然。ご馳走さま!も特になし
  • コミュ症でライン面倒くさいから、ラインしてこないで!と言われる
  • 相手を思って食事先を提案するも、オール却下で気持ちも汲み取ってもらえない
  • 無農薬の野菜を好意で渡すも、ピーマンが苦いと苦言される

※あくまで僕の受け取り方です

 

結婚する/しないに関わらず、

このままでは人生ぶち壊してしまう!!

 

 

相手に迎合して自分の価値を下げて、

相手の理想に合わせようと必死に努力する。

相手が期待に応えてくれないと被害者になる。

 

そんな自分と決別することにしました。

 

 

使ったのはウィザード教材

ウィザード・コースとは…アバター最上級のコースで、集合意識レベルまで探求する13日間のコース。
世界50カ国以上、数千人規模の人々が、1年に1回、フロリダへ集結。
世界平和ってすでに存在していたんだなと気付かされたコースです。

※2020年6月が最後のウィザードコースになります。
コース内容や期待される成果はこちら

 

「結婚」というテーマについて、全ての練習を最初から最後までやっていきました。

他にも欲求や抵抗、家族を持つこと、養うこと、それを取り巻く人間関係。

幼少期から中学、高校といろいろな時期や感情をあらゆる側面から探求しました。

 

8月中旬からスタートして、最初は順調に進んだものの、2/3が終わったとこで抵抗に激突。

しばらく抵抗するも乗り越えて、約2週間、15時間をかけて8月末に全ての練習が完了しました。

 

 

印象深かったこと

・結婚願望がない

俺は結婚願望もないし、ひょっと人間としておかしいのかな?と思っていたけれど…

実は「結婚したいと思える人にただ出会っていないだけだ!」と衝撃の気づきがありました。

 

・王子様願望

最初の彼女が母子家庭だったため、「俺がなんとかしなきゃ!」と思いました。

以後の恋愛でも「俺がなんとかしなきゃ!」と思う人を引きつけ続ける。

よくよく思い出してみると、一番長く付き合った彼女も母子家庭でした。

相手の役に立つことで自分の承認欲求や自尊心を満たす。

 

これからは相手のマイナスをゼロに戻す恋愛ではなくて、

ゼロ、もしくはプラスから互いに創り出す人とパートナーになろうと決意!

 

 

 

今までは「結婚」という話題を聞くと、うにょうにょして頼りない男になっていました。

「え〜結婚、いや〜、うーん、まー、そうね・・・」

 

ワークの後は中立な状態で、結婚について感情的にクリアーなっていました。

「あ〜、結婚ね」と平然と言える自分自身になっていました。

 

そして、2018年9月17日(月)

準備の出来た僕に、新たな運命の瞬間が訪れる…。(②へつづく)

34年間、結婚願望のなかった男が結婚を決めた理由②〜運命の出会い

 

 

 

 

 

 

 

意図的に生きることについての数々の洞察
アバター・タイムズ

・本当の幸せや喜びを経験したいですか?
・人生を管理する能力を高めたいですか?
・自分の人生の目的を発見したいですか?
・教化された考えを明らかにしたいですか?
・創造の源として機能したいですか?

あなたの心の内部の仕組みや、自己とみなす精神的ホログラムにもっと精通しましょう。